モバイルラージバナー

僕だけがいない街 | タイムスリップミステリーサスペンスの実写映画化

何の取り柄もない俺が「救ってやる」すべてを

藤沼悟。漫画家を目指すも未だ芽の出ない29歳。ただし、彼には常人とは異なる特殊能力があった。

「再上映(リバイバル)」。

能力とその結果は次の4つ
1.殺人事件や交通事故など、何か不幸な出来事が起こる直前、前兆・気配を感じる
2.その不幸な出来事が発生した際、発生直前まで時間を遡れる
3.その不幸な出来事を回避できるまで何度でもタイムスリップしてしまう
4.リバイバル発動時、マイナスだったことがプラマイ0になる。もしくは自分にとってマイナスになる

能力を呪いつつ日常生活を送る中、ある日自分の母親が何者かによって刺され死亡してしまう。犯人を探す為タイムスリップした先はなんと18年前。それは当時連続小学生誘拐殺人事件が発生した年だった。母親を殺した犯人が当時の殺人事件の犯人と同一であることを確信した悟は未来で知った情報と、過去の記憶から犯人捜しを開始する。母、友、そして自分を救うために。

2012年に連載を開始、2014年「このまんががすごい!」「マンガ大賞」の入賞を経て、2016年テレビアニメ化、同年に主演藤原竜也、有村架純で実写映画化が決定しました!

無料試し読みできる電子書店・電子書籍サイト

BookWalker 9ページ
BookLive! 10ページ
Yahooブックストア 20ページ
コミックシーモア 20ページ
ComicWalker 44ページ

まだまだ試し読みページ数は少なかったです。実写映画化決定のニュースが7/24に出ましたのでまた公開に合わせて無料キャンペーンをやってくれるといいですね

各方面から絶賛の嵐。オトナ買いする価値ありです!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告